派遣美容師の時給はいくら?気になる収入や年収など給料事情を解説!

公開日:2022/10/01  最終更新日:2022/10/03

派遣美容師は、日給×勤務日数で月収が決定します。歩合制は採用されていないのでインセンティブがありません。そのため、月収を計算しやすいのが特徴です。スタイリストとアシスタントでは時給に違いがある場合がほとんどなので相場を確認しましょう。また、派遣美容師が収入を増やす方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

美容師の平均的な収入とは

一般的なサラリーマンよりも年収は低い傾向にあります。とくにアシスタントの頃は給料が低いので、生活するだけでやっとだといわれています。

厚生労働省が公表している美容師の平均的な収入

平均年収は265万円です。平均月収は21万5,700円です。平均年間賞与などは6万1,500円です。平均年齢は30.2歳、平均勤続年数6~7年、平均労働時間は月に182時間です。

美容師の初任給

専門学校などを卒業して美容師免許を取得していても、最初はアシスタントとしてスタートします。その頃の給料は10万円台のことが多く、スタイリストに昇格するまでは金銭的な余裕があまりありません。

年齢別の年収推移

年齢別にみると、男性は50代前半がもっとも高く525万6,100円となっています。女性は30代後半がもっとも高く349万6,700円です。

美容師は年齢に関係なく仕事に従事できますが、立ち仕事が多いので肉体的な負担が避けられないことと、老後の資産形成が難しいことが挙げられています。

経験年数による年収の推移

5~9年の経験年数の美容師の年収と10~14年の経験年数の美容師の年収に大きな差があります。男性の場合は50万円近く、女性の場合は60万円近く差があります。それ以上の経験年数になると年収の伸びが緩やかになります。

女性の場合は出産や育児などで休業するケースが多いので、15年以上の経験年数であっても年収が低下する傾向にあります。

働く施設の規模による年収の違い

働く施設の規模が大きくなるに従い年収は微増しますが、そこまで影響があるわけではありません。美容師は個人のスキルやリピート客によって年収が変化することが分かります。

派遣美容師の時給・給料

時給の相場はスタイリストとアシスタントで異なります。時給制なので歩合制のようにインセンティブがありません。

派遣美容師の時給

一般的にスタイリストとアシスタントでは時給が違います。時給の相場は、スタイリストは1,600円、アシスタントは1,200円です。歩合制ではないのでインセンティブがありません。日給×勤務日数が給料となります。

派遣美容師の年収

月に23回、1日8時間勤務しているアシスタントの月収は22万800円です。1日の収入は、1,200×8=9,600です。日数をかけると9,600×23=220,800です。年収に換算すると265万円です。フルタイムの美容師と同じく、ある程度まとまった日数と長い時間勤務すると、安定した収入になります。

しかし、派遣美容師の場合は、短期間で職場が変更になる可能性があること、美容室の都合で勤務時間が変更になる可能性があることなどが予想されます。そのため、年収ベースでいくらと計算するのは、あまり現実的ではないのかもしれません。

派遣美容師が収入を増やす方法

時給が高い美容室を検索するだけではなく、色々な方法があります。

スキルを掛け合わせた仕事に就く

最近注目されている働き方を、自分も真似してみるとよいでしょう。たとえば、病気や障害を抱えていて美容室に通うのが難しい人の自宅や施設に出張して髪の毛を整える仕事です。

こちらのメリットは、店舗を持たなくても仕事ができることです。美容室を運営するのに必要な椅子や洗面台などを自分で用意する必要がありません。出張先の自宅や施設に備え付けられているものを使用します。

髪の毛を整えるために必要なハサミ、ドライヤー、鏡などを持参するだけで済むので楽でしょう。髪の毛の片付けや室内の清掃はどこまで担当するのか打ち合わせしておけばトラブルを防げます。

デメリットは、出張先が遠い場合に移動時間がかかるということです。田舎の場合は車を持っていないと難しいでしょう。デメリットはありますが、介護と美容のスキルを掛け合わせた仕事ができるので、派遣型美容師業務で選択肢を広げて収入に困ることを防ぎましょう。

派遣美容師求人サイトの求人件数が多い派遣会社に登録する

求人サイトに掲載されている求人件数が多いと、多くの美容室から自分の条件に合った美容室を見つけられます。そのなかで時給が高い美容室を検索すると、希望の美容室が見つかるかもしれません。

しかし、時給が飛びぬけて高い美容室は少ないことが予想されます。おそらく相場と比較して10円~200円程度の差になるでしょう。

時間をかけても時給が高い美容室が見つからない場合は、通勤時間が短い美容室を選びましょう。通勤時間が短いと、そのぶん長い時間勤務できます。そのようにしてコツコツ働くと収入アップが見込めます。

まとめ

美容師は、一般的なサラリーマンよりも年収が低い傾向にありますが、そのぶんやりがいがある仕事です。それを理由に頑張れる人は美容師に向いているでしょう。

そして、派遣美容師の給料は、日給×勤務日数で計算できます。派遣美容師が収入を増やす方法として、スキルを掛け合わせて働く方法や、通勤時間が短い美容室で働く方法を紹介しました。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

どのような職業にも向き・不向きはあります。美容師も同じです。せっかく憧れの美容師になれたとしても、向いていなかったばかりに長続きしなかったら、頑張ってきた努力が無駄になってしまうでしょう。今
続きを読む
サービス業で働く人から聞くことの多い「ノルマ」という言葉。この言葉には嫌悪感を覚える方もいるのではないでしょうか。何かと悪いイメージが多いノルマですが、実は業界特有のメリットもあるのです。こ
続きを読む
美容院やそこで働く美容師にとって大切なのが、お客さんからの評判です。「また来たい」「〇〇さんに、またカットをしてもらいたい」と思ってもらうことで常連客となり、継続的な来店を促せます。しかし、
続きを読む